FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな本読みました(2008年9月編)

読書の秋・・・になるハズだったのに。


東野圭吾 『流星の絆』 ★★★★☆
流星の絆
惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった功一、泰輔、静奈の3兄妹。14年後、彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹・静奈の恋心だった。

10月からドラマ化されると聞き滑り込みセーフ。どうしてもキャストが頭をチラつきます(ニノとかニッキドとか) 観ますよ~!なんてったって脚本が宮藤官九郎!


吉本佳生 『スタバではグランデを買え』 ★★★☆☆
スタバではグランデを買え
有名コーヒー店の値段のしくみ、携帯電話の超複雑な料金体系、100円ショップの安さの秘密。あのモノやサービスの値段はどうやって決まっているのか?

キャッチーなタイトルで生活に密着した経済を分かりやすく分析してくれています。消費者の目線で語られているのが説得力アリです。


さくら剛 『三国志男』 ★★★★★
三国志男
赤壁、虎牢関から馬超の墓まで三国志遺跡100ヵ所以上を現場検証&爆笑ツッコミ!三国志を愛するがあまり本当に中国大陸を放浪してしまった著者のオモシロ冒険旅行記。

大爆笑!三国志初心者でも思いっきり楽しめる旅行記です。しりあがり寿さんのイラストも最高!知らない遺跡や武将には自分の勉強不足を思い知ります。


瀬尾まいこ 『戸村飯店青春100連発』 ★★★★☆
戸村飯店青春100連発
大阪住ノ江にある中華料理店、戸村飯店の2人の息子は見た目も性格もまるで正反対。アホで不器用だけどまっすぐな兄弟を追いかける、さわやか爆笑コメディー。

ヘイスケとコウスケみたいな兄弟がいたら楽しいだろうなと羨ましくなりました。納まるところに納まったラストも爽快でした。
スポンサーサイト

今頃になって8月を振り返ってみる ―舞台―

五右衛門ロック

8月はVコン(仙台遠征含む)、夏フェスだけじゃなくお芝居にも出掛けてました。去年の犬顔家に続き今年の夏もやっぱり新感線♪わーい♪大阪厚生年金会館で新感線☆RX 『五右衛門ロック』を観劇でございます。
舞台の上手&下手からバンドの生演奏、タイトル通りガンガンのロックミュージカルで盛り上がることこのうえなしッ!音楽だけじゃなく、立ち回りもド派手でスピーディー、じっと席に座っているのがもどかしくなるぐらいウズウズしてきました。楽しかったー♪古田さん、江口兄ちゃん、松雪さん、未來くんの啖呵切り・・・あんなの観ちゃうと拍手せずにはいられない。鳥肌が立つぐらいシビれました。あ、そうそう、未來くん、以前観たキャバレーの時と違って今回は思う存分お得意のダンスを披露、すっごく上手でビックリ。これからももっともっと踊っていったらいいと思う。
豪華な客演陣も素敵でしたが、なんといっても稀代の大泥棒 石川五右衛門を演じた古田さんが抜群にキラめいていました。なんであんなに格好イイのかなぁ・・・?決して見た目は男前じゃないのに。“男の色気” がムンムン感じられるのです。フェロモンというやつか?

今頃になって8月を振り返ってみる ―音楽―

夏フェス2008

9月もそろそろ終わりに近付いてきましたが8月を振り返ってみます。手帳をパラパラとめくってみると、あんなこと、こんなこと・・・多忙だったけど楽しい8月でした。

ロックロックこんにちは! Ver.12 「十二宴」@Zepp Osaka
すっかり夏の恒例行事になりつつあるロックロックに今年も行ってきました。私のお目当てはもちろんSPITZ なのですが・・・必死に黄色い歓声を張り上げていたのは民生登場シーンだったりしました。「たみおー!たみおー!」って大絶叫。そんな、歓声KING(?)民生と吉井サンとマサムネ、ジャージ3人組での「チェリー」は・・・まさに♪君を忘れない~ マーさんとお揃いの緑色ジャージ購入という考えが一瞬だけ私の頭をよぎりました。

AUGUSTA CAMP 2008 10th Anniversary@泉大津フェニックス
AUGUSTA CAMP、それは音楽事務所 オフィスオーガスタ所属のアーティスト総出演の野外フェス。1998年からスタートして今年で10周年を迎えます♪しかも、関西での開催は実に5年ぶりだそうで・・・初めて行くAUGUSTA CAMPがそんな記念すべき年だってことだけですでにウッキウキ♪
泉大津は暑かった!そして、熱かった!豪華な出演陣の顔ぶれに「これだけの人材を集め育てたジャイアン(←社長)って敏腕・・・」と思いました。

英気を養う為に週末はプチひきこもり

V6_ライブDVD

おつかれさまです・・・体調不良は継続中です。体調に比例してテンションも若干低空飛行です。いつまでもグッタリしているワケにはいかないのでここらでいっちょ真剣に(?)休んでみることにしました。友達との約束をキャンセルし、週末は徹底的に休息!
そんな私にV6師匠が特効薬とも思えるありがたーいDVDを貸してくれました。そ、れ、は、V6のライブDVDですっ!うふっ♪これで心身ともにリフレッシュの企み。アドレナリン出てこーい。

口内炎が治らない・・・

口内炎薬

おつかれさまです・・・口内炎が治りません。『飲んで&貼って治す作戦』でやっつけてやる!
実は口内炎だけじゃなく、お腹の調子も悪いうえに風邪までひいちゃいました。これぞまさしくトリプルパンチ。どうやら免疫力が急低下しているようです。ガンバレ!ガンバレ!気合で乗り切れ!いや、もう気合では乗り切れない域に達しているから薬を買ったんだった・・・思考回路も低迷中。

自分を探さない旅

百万円と苦虫女

映画館 『百万円と苦虫女』 ★★★★☆

人付き合いが苦手で、百万円を貯めては、海へ、山へと土地を転々とするヒロインの心模様をホロ苦くも温かに描き出す。

百万円貯めては転々と見知らぬ町へ移り住む女の子の話と聞いた時は、百万円なんて短期間で簡単に貯まるもんじゃないし、よっぽど稼ぎのイイ仕事ばっかりしてるんやねぇーと思っていました。しかし、実際は100万円貯めて家を出た後、引越費用などで目減りした金額分だけを新しい土地で貯めていくという、いわゆる差額補充方式。
所持金が百万円になる頃というのは、ちょうど主人公の鈴子(蒼井優)をとりまく人間関係が濃くなりかけているような絶妙なタイミングです。“自分探し” をしたくないと言っていたのに、いろんな町でいろんな人と出会い経験を重ねることで結局は “自分探し” をしていた鈴子。ひどい目にもあうけれど、それ以上に人の優しさや温かさに触れて、やっぱり真面目に生きてりゃイイことあるさー!と思えてきました。エンディングがこれまたホロ苦くて胸キュンでした。
蒼井優ちゃん可愛かったー。本当に苦虫を噛み潰したような顔してたし、愛想笑いはちゃんと愛想笑いになってました。さすが。

飛行機雲が

ブイッ!
・・・に見える初秋の空
飛行機雲

男のロマン!

三国志(全60巻)

最近、夢中になっているもの、それはズバリ 『三国志』!
まずは手っ取り早く漫画から入門してみました。全60巻ナリ。ようやく折り返し地点(?)の只今34巻。もうすぐ落鳳坡です。ワクワク。最初は登場人物がなかなか覚えられず、漢字が難しくてくじけそうになりましたが、読み進むうちにすっかり三国志の虜♪
左右に鳳竜の二軍師、幕下に関羽、張飛、趙雲を従える劉備玄徳をはじめ、曹操、孫権・・・超メジャー級の武将がわんさかわんさか登場します。もうそれだけでテンション上がるー!!
漫画攻略の後は吉川英治の小説版 三国志(←こちらは全8巻)が待っているのだ!マイ三国志ブームは果てしなく続く・・・

グッジョブ!

ハンコック

映画館 『ハンコック』 ★★★☆☆

空を飛び並外れたパワーで様々な事態を解決、人々に尊敬されるはずが、その粗暴な解決過程と言動で嫌われ者となっているスーパーヒーローの成長と活躍を描く。

最近、アメコミ映画が立て続けなので、この作品もてっきりアメコミだと思っていたらどうやらアメコミヒーローではないようです。ウィル・スミスが乱暴者&嫌われ者の主人公ハンコックを演じていました。ハンコックの素行の悪さがYou Tube に掲載されていたり、“愛されるヒーロー” になる為にPRのプロがヒーロー化戦略を考えたり、まさに現代社会にヒーローが登場したという感じ。
ある出来事をきっかけに嫌われ者から脱却を図るハンコックですが、不死身で怪力おまけに空まで飛べちゃうスーパーヒーローなんだけどイマイチ不器用なタイプ・・・というか犯罪者を捕まえる為とはいえ高速道路を崩壊させたり、ビルを破壊してしまうのは、正義を行うには手段を選ばなくていいのか?と、いくら贔屓めにみても良識ある大人とは思えない行動ばかり。路線変更して(?)大正解でした。
それにしてもハンコックは一体何者?スーパーマンのような宇宙人でもなく、バットマンのような普通の人間でもないようでした。最後までよく分からなかったです・・・ま、いいけど。

鐘が鳴るなり・・・

法隆寺_五重塔・金堂2010年の平城遷都1300年記念祭を控えてこれからは奈良がじわじわと熱くなる予感。(←あくまでも予感) ひと足もふた足もお先に(?)奈良県斑鳩町にある法隆寺に行ってきました。
法隆寺はいわずとしれた聖徳太子ゆかりのお寺。日本で最初に登録された世界遺産としても有名です。敷地が結構広い・・・五重の塔や金堂がある西院伽藍と夢殿のある東院伽藍に分かれています。西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物と言われていてその他にも国宝級の見事な建物がずらり。とにかく法隆寺は国宝や重要文化財だらけで、国宝や重文じゃないものを探す方が大変なぐらいです。お宝万歳!
法隆寺_夢殿回廊から見上げた五重の塔は貫禄充分。ゆっくりと時間が流れて暑さもやわらぐような気がしてくるから不思議です。今回一番の収穫は大宝蔵院の百済観音像(←国宝)噂に違わぬスタイルの良さ、立ち姿がクールです。こりゃ日本人の体型じゃない・・・多分外国人・・・心の中でつぶやきました。見ているこちらまで心が落ち着くような優しい表情をしていました。大好きな仏像ランキング上位確実です。
百済観音に後ろ髪引かれつつ夢殿へ(←これまた国宝)八角形の美しい建物です。誰が名付けたか知らないけど「夢殿」っていう名前がいいッ!これまた回廊をうろうろベストアングルをさぐって写真撮影。最近は朝晩めっきり涼しくなりましたが、昼間はまだまだ暑い。そんな暑い晩夏の日、回廊ってありがたい。ひんやり涼しくて心ゆくまで建物を眺めていられます。
現存する法隆寺の建物は聖徳太子在世時のものではないらしいのですが、1300年以上経った今、もしかしたら聖徳太子も見ていたかもしれない風景の片鱗を感じることが出来る素晴らしさに感激しました。

淀屋橋odona

ODOROKI + OTONA = odona!
淀屋橋odona

幻のお茶

闘茶

映画館 『闘茶 tea fight』 ★★☆☆☆

京都の老舗茶屋の父娘が同家に伝わる茶の呪いの謎に迫る中で台湾の伝説のお茶にまつわる不思議な因縁とめぐり逢う日本・台湾合作による異色のエンタテインメント・ムービー。

この映画を観たから美味しいお茶が飲みたくなってLUPICIAで台湾春茶を買ったのでした・・・忘れていました。ついこの間のことなのに記憶が薄れつつある自分に喝!(ちょっと大袈裟?)映画の内容を忘れてしまわないうちに感想を書いておかなければ・・・という焦燥感にかられます。
出演は香川照之、戸田恵梨香、ヴィック・チョウ他。比較的女性客で賑わっていたので香川照之って人気があるんやねぇと思っていたらどうやらヴィック・チョウ目当てだったようです。えーっと、台湾版の花男で花沢類やった人、さしずめ小栗旬的な。
「闘茶」という競技は本当にあるらしいです。中国ではこの映画に出てきたように持ち寄った茶葉で参加者がそれぞれお茶を入れてその風味や様式美を競うもので、それが日本へ伝わり数種類のお茶を味わってその香りや色をみて銘柄を当てる“利き茶”的な競技に形を変えていったようです。お茶の歴史は随分と濃いめあるね。

夏の終わりに台湾春茶

台湾春茶2008

冷蔵庫をがさごそしていたら・・・この袋なんだ?うおー!忘れてたー!LUPICIAで台湾春茶を買ったことをー!読んで字のごとく4月から5月にかけて摘まれた茶葉を使った台湾中部に位置する名間郷のお茶です。烏龍茶だけど茶葉は緑色。
「水出しアイスティー」に初挑戦。香りを楽しむフレーバードティーなどはこの方法が適しているのだそうです。緑茶系は水出し、紅茶系はお湯出しでアイスティーを楽しむといいのだとか。
方法は至って簡単。お水を入れたポットに茶葉を放り込んで1晩冷蔵庫に入れておくだけです。えへ。出来上がった台湾春茶はすっきりしているのに優しい味わい。なんだか繊細なお味だわ・・・うぅ、台湾へ行きタイワン。

ラスベガスで一攫千金?

ベガスの恋に勝つルール

映画館 『ベガスの恋に勝つルール』 ★★☆☆☆

ラスベガスで出会い、酒に酔った勢いで結婚してしまった見ず知らずの男女が結婚解消直前にカジノで大金を当てたことからその所有権をめぐり対立するドタバタぶりを描く。

キャメロン・ディアスとアシュトン・カッチャー共演のラブ・コメディ。キャメロンのスタイルの良さにはただただタメ息です。そして、やっぱりキャメロンはラブコメが似合います。イキイキした笑顔がとっても素敵。(でも、ポスターやチラシのキャメロンの顔は結構コワい・・・あの写真、OKなのか?)お相手のアシュトン・カッチャーはすべにおいて造りが大きい(←顔パーツとか背とか表情とか、その他もろもろ)デミ・ムーアもイチコロのナイスガイです。
キャメロンはバリバリの金融ウーマン、アシュトンは家具職人、どっちも到底そんな風に見えないというリアリティの無さもこの2人なら許せてしまいます。ラスベガスで手に入れた大金を巡って仮面夫婦としての生活を余儀なくされる2人の恋愛は0点から始まった加点方式。お互いの意外な一面を知るたびにどんどん点数が上がります。減点方式よりも加点方式の方がいいね。ドン底スタートだからあとは上にあがるだけっていう・・・
キャストの来日プロモーションでは映画には出演していないデミ・ムーアが1番目立っていたという面白い結果に。でも、肝心の映画も面白くて楽しめましたよ。

結婚しても、しなくても、どのみち君は後悔することになる

たみおのしあわせ

映画館 『たみおのしあわせ』 ★★★☆☆

ようやく結婚が決まった引きこもり気味の息子とその父親を主人公に不器用で冴えない父子が繰り広げるお見合いから結婚までの紆余曲折の日々をシニカルかつ淡々と綴る人生コメディ。

嗚呼、時効警察ふたたび・・・主演はオダギリジョーと麻生さんの “霧山&三日月コンビ” そして監督が熊本課長(岩松了)とくれば観ないわけにはいかないのです。時効ファンとして!
父親の伸男と2人暮らしの神崎民男はオクテで恋愛下手。そんな民男を心配して伸男はお見合いをすすめるものの、民男はいつも断ってばかり。伸男・民男親子を演じるのは原田芳雄とオダギリジョー、一見、ミスキャストに思えるこの2人がなかなかのダメ親子っぷりでくすくす笑いが止まりませんでした。
仲の良い親子のように思えるけれど、よく考えるとかなり奇妙な関係の2人です。そこに絡んでくる超個性的な登場人物達、じわじわと奇妙さが続いた感じ。エンディングも 「ぇえ?」 ってなりました。ま、それはそれでアリかも?と思えてしまう、妙に納得出来てしまうのがこの作品の味なのでしょう。全然嫌いじゃありません、むしろ好き。
それにしても、オダギリジョー、顔小っちゃ!

オリーブアイランド

1泊2日で小豆島に行ってきました。今年はオリーブが植栽されて100周年、それを記念して島では 「オリーブ百年祭」 が開催され賑わいをみせていました。

フェリー
小豆島フェリー姫路港からフェリーに乗って小豆島に向かいました。車でフェリーに乗るのは初めてなので少々緊張気味。人生なにごとも経験、早めに手続きを済ませて乗船を待つ車の列へ。乗船が始まると次々に車が船の甲板へ呑み込まれて行きます・・・ええっ こんなギュウギュウに積み込んでいいんですか?満車状態でフェリーに揺られること約2時間弱。お待ちかね小豆島に上陸です。


小豆島オリーブ公園
小豆島オリーブ公園オリーブの島というだけあって国道沿いには青い実をたくさんつけたオリーブの木があちらこちらに。オリーブを使ったお料理が頂けるレストランがあるということで「小豆島オリーブ公園」に行きました。小豆島はあの “ミロのヴィーナス” が発見されたことで有名なギリシャのミロス島と姉妹島縁組をしているのだそうです。小豆島とミロス島は面積がほぼ同じなんだって。
へぇ~。


エンジェルロード
エンジェルロードエンジェルロードを散歩。このエンジェルロードはただの砂道ではないのです。朝夕の1日2回干潮の時だけ海の中から4つの島を結ぶ道が現れるというロマンチックな代物なのです。貝殻を熱心に拾い集める家族連れを尻目に、海草を投げ合い「業者か?」というぐらいの勢いでヤドカリや小さいカニを捕まえる私達・・・ロマンチックには程遠い光景でありました。


寒霞渓
寒霞渓寒霞渓は日本三大渓谷のひとつにも数えられている渓谷です。山頂にある「寒霞渓山頂駅」からロープウェイで「紅雲亭駅」まで渓谷やその先に広がる瀬戸内海の美しい景色に見とれながら下ること約5分の空中散歩。往復の切符を買ったから下ったあとはまた山頂までロープウェイで上ること約5分。今は緑の木々が紅葉の季節になるとあたり一面赤く染まってすごくキレイらしい。


おまけ ジロー
ジロー寒霞渓ロープウェー「紅雲亭駅」にいた犬のジロー、落ち込むような悲しい出来事があったのか、呼び掛けてもずっとうなだれたままでした・・・しょぼん。

ちょっぴり観光

伊達政宗像

遠征のつづき。
遠征を計画していた時はまさか雨に見舞われるとは思いもよらなかった私たちは2日間JR・地下鉄・バスが乗り放題の「仙台まるごとパス」を事前購入するという用意周到さでこの遠征に臨んでいたのです。結局、Vコン当日はタクシーやシャトルバスを使ってしまったのでこのまるごとパスを全然活用出来てないッ。勿体無いッ。えーい、転んでもタダで起きやしないわよッ。
仙台といえば?そう!独眼竜 伊達政宗!せっかくなので伊達政宗公にご挨拶しておきましょう。政宗、マサムネ・・・うーん、イイ響きです。江戸時代の超メジャー級武将に向かって思わず 「マサムネー!」 とコールしたくなります。待ってろよー!マサムネ!(?)
仙台駅前のバスターミナルから市内を循環しているレトロバス “るーぷる仙台” に乗り込んで仙台城に向かいました。・・・知らなかった、仙台城(=青葉城)って今はもうお城はないのですね。跡地なのですね。仙台市街を一望出来る仙台城本丸跡には颯爽と馬にまたがった甲冑姿の伊達政宗像が!うおぉ!コレ見たことあるある!ん?両目開いてる?(←写真では全く分かりませんが) なんでも伊達政宗は「片目じゃイヤ」と遺言を残したのだそうです。なので、死後に描かれた絵や作られた彫像には隻眼のものはほとんどナイらしいです。これまた知らなかった。
PROFILE

piccorina

Author:piccorina




SEO対策

観る、読む、食べる・・・
忘れないように書き留めた
メモブログです

CM・TBは小躍りして喜びます♪

CLOCK

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

CATEGORIES
COMMENT
TRACK BACK
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。