FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな本読みました(2008年11月編)

読書の秋ではなく、読書の冬・・・なのかも。


角田光代 『三月の招待状』 ★★☆☆☆
三月の招待状
年下の恋人と同棲する充留のもとに学生時代からの友人の離婚パーティの案内状が届いた。パーティに集まった友人たちの動揺、苛立ち、新しい恋。男女5人の友情と恋愛を描いた長編小説。

長編?・・・違う、連作短編集だと思います。本人には自覚が無いのに周りを振り回してしまう、宇田男がこの小説の本当の主人公のような気がする。自覚が無いっていうのが非常に厄介。


宮藤官九郎 『俺だって子供だ!』 ★★★★☆
俺だって子供だ!
「やっぱ子供ってめんどくせえ!」から「やばい、今、可愛さのピーク!」へ。生まれたてなのに態度が部長クラスの娘「かんぱ」の誕生から3歳までその成長を余すとこなく観察した私生活丸出しの爆笑子育て苦行。

このエッセイを読む為だけに文春を立ち読みしていたけれど単行本化されたのでまとめ読み。かんぱちゃん、大きくなったなー!


山本文緒 『アカペラ』 ★★☆☆☆
アカペラ
無職で病弱な弟と暮す50歳独身の姉。20年ぶりに田舎の実家に帰省したダメ男。じっちゃんと2人で生きる健気な中学生。静かにそーっと生きている彼らの人生を描き、温かな気持ちと深い共感を呼び起こす珠玉の小説集。

久しぶりに山本さんの小説が読めるだけで嬉しかったです。どれも緩く漂っている人達の物語でしたが、だからと言って決してそれが “負け” ではありません。人生には勝ち負けなんてナイ。


吉田修一 『さよなら渓谷』 ★★★☆☆
さよなら渓谷
きっかけは隣家で起こった幼児殺人事件だった。その偶然が平凡な若夫婦が抱えるとてつもない秘密を暴き出す。取材に訪れた記者が探り当てた15年前の“ある事件”とは。人の心に潜む「業」に迫った長編小説。

不幸になる為に一緒にいる2人。「生まれ変わる」とか「やり直せる」とか言うけれどそんなキレイごとでは済まされない、一生背負っていかないといけない十字架ってあるよなーと思います。


乃南アサ 『花散る頃の殺人』 ★★★☆☆
花散る頃の殺人
警視庁機動捜査隊、音道貴子。彼女の前に現れる病んだ都会の犯罪者と犠牲者たち。貴子のゴミを狙う変質者、援助交際の女子高生を襲う連続暴行魔などの事件をめぐる女性刑事の捜査と日常を描く。

音道シリーズを順番通りに読み直そうかと思ってみたりもするけれど、ポツリポツリと思いついた時にしか読まないのでいつ実現することやら。短編集の方が個人的には好きです。


有吉佐和子 『和宮様御留』 ★★★☆☆
和宮様御留
瓦解目前の徳川将軍家に降嫁を命ぜられた皇妹和宮の身替りとなって歴史の波の赴くままに運命を弄ばれた少女フキの数奇な一生とその策謀の陰で時代への抗いを貫き通した女たちの苦悩にみちた境涯。

大河ドラマも残すところわずかとなった今更ですが幕末ブーム到来。あの宮様が・・・ショッキングな内容にページをめくる手が止まりません。公家言葉、クセになります。


茂木健一郎 『脳を活かす勉強法』 ★★☆☆☆
脳を活かす勉強法
あなたの脳は、年齢、環境に関係なく、飛躍的に成長する! 「鶴の恩返し勉強法」「瞬間集中法」など、脳のしくみを活かした37の勉強法を大公開。

脳って本当に不思議。楽しみながら効率よく脳を働かせることの大切さを分かりやすく解説しています。“ドーパミン”を放出させるのだ!
スポンサーサイト

栞のテーマ

コースター栞

大切に使っていたお気に入りの栞を挟んだまま図書館に本を返却して紛失してしまったという苦い経験以来、図書館で借りた本には “コースター栞” を使うことにしています。
程よい大きさが存在感を主張し過ぎず、かといって控えめ過ぎず優れものです。丸くて可愛いし。薄っぺらよりある程度厚みのある方が使い心地が良いのでいいなと思うコースターを見つけると「新しいの1枚下さい」と声を掛けたり(いまだかつて断られたことはありません)、宿泊したホテルから持ち帰ったり・・・ズバリ原価¥0!
複数並読派ではないので1枚あればよいのですが、うっかり挟んだまま返却の習慣(?)はなかなか改まらずストックが必要なので常時これぐらいの枚数をスタンバイ。
最近のヘビロテは右上の「奈良ホテル」 鹿のイラストがいかにも “奈良” という雰囲気♪

“湿り気”って言うなー!“うるおい”って言えー!

ミニチムニー

私の部屋は北に面しているためか冬はがっつり寒く、これからの季節は乾燥も気になります。なので、忘れてならないのが加湿器!Mini Chimney!(写真ではラグにまぎれて見え辛い・・・保護色?)
スリムで置き場所に困りません。音も静か。とっても重宝しています。連続稼動時間は2時間弱ですがこのサイズなら妥当なところ。こまめな給水でカバーします。(寝てる間はちょっと困る)

たったひとつの作り話

落下の王国

映画館 『落下の王国』 ★★★★★

事故で下半身不随となり自暴自棄になったスタントマンと骨折で入院中の一人の少女の心の交流を軸に、スタントマンが少女に思いつくままに語るおとぎ話をエキゾティックかつイマジネーション溢れる映像美で描き出す。

失恋と大怪我のダブルパンチで自殺願望にとらわれているロイ(リー・ペイス)は同じ病院に入院している5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタルー)と出会います。何かにつけてアレクサンドリアの気を引こうとするロイは彼女に不思議な物語を語ってきかせます。怪我で身動きの出来ないロイの目的はアレクサンドリアを手懐けて自分の意のままに操り、自殺する為の薬を手に入れることだったのです。
アレクサンドリア役のカティンカちゃんがちょっとぽっちゃりしていて愛嬌たっぷりですごく可愛い。ロイの語る物語に魅了されていく表情やしぐさが自然体で演技にみえませんでした。これぞ女優魂。
そして、ロイが語る物語が壮大なスケールで圧倒されます。アレクサンドリアじゃなくても引き込まれるってー!世界24ヶ国以上で約4年間かけて撮影されたらしいです。世界遺産が盛りだくさん。地球上にはこんなに美しい風景があったのかと驚いてしまいます。CG全盛期の今、こうしてCGを排除した映像は1枚の絵画をみているようでした。
観てる最中から 「これ、DVD絶対に買おう!」 って思ったほど、とにかく映像が幻想的で素晴らしくキレイ!なので、今回は細かいことはとやかく言わず★5つです。

ゴヤが見てるのを見た!

宮廷画家ゴヤは見た

映画館 『宮廷画家ゴヤは見た』 ★★☆☆☆

スペインの天才画家ゴヤが活躍した激動の時代を背景に、非寛容・非人間的な異端審問がもたらした一つの悲劇を描いた歴史ドラマ。

原題は 『GOYA’S GHOSTS』、邦題は市原悦子を彷彿とさせる下世話チックなもので内容もなかなかドロドロしていました。異端審問が強化された18世紀末のスペインを舞台にカトリック教会の神父ロレンソと1人の少女イネスの悲劇が繰り広げられます。ゴヤはあくまでもストーリーテラー的な傍観者。
神父ロレンソを演じているのはいまだに思い出すだけでビクビクしてしまう映画 『ノーカントリー』 でお馴染の(?)ハビエル・バルデム・・・この人はもう “普通の人” を演じることなんて出来ないのではないだろうか・・・濃い。濃過ぎる。キャラも顔もすべて。真顔が不気味って致命的。 『海を飛ぶ夢』 の時は全然そんなこと思わなかったのに。そんなハビエル・バルデムに負けず劣らず、イネス役のナタリー・ポートマンも熱演です。んもぅ、イネスが可哀想で。可哀想で。
中世のヨーロッパの華やかできらびやかな世界の裏の顔をみてしまったという後悔にも似た気持ちになります。光と影?人間の持つ愚かで暗くて醜い部分を思う存分みせつけられてしまいました・・・

ラグビーシーンの必要性は疑問

宿命

映画館 『宿命』 ★★☆☆☆

ソン・スンホンとクォン・サンウの2大スターの共演で贈る韓流クライム・アクション。裏社会に生きる男たちの友情と裏切り、そして避けては通れない宿命に立ち向かう姿を描く。

“韓流シネマ・フェスティバル2008” の中の1つカン・ドンウォン主演の『M(エム)』 を観るつもりだったのにまさかの満席・・・というわけで急遽この作品を観ることに。韓流つながりではありますが、この作品はフェスティバルのラインナップには入っていません。それにしてもすっかり鳴りを潜めていると思っていた韓流ブームはまだまだ衰え知らずでビックリしました。
主演の1人ソン・スンホンを映画では観たことがありませんでした。(道ですれ違っても分からない自信アリ)そのソン・スンホンの兵役復帰後の記念すべき第1作です。復帰を祝って(?)花を持たせてもらっていたスンホンに比べて、もう1人の主演、クォン・サンウはお気の毒なキャラクター、妹思いだけれど短気でわがまま、おまけに気性の荒い嫌な男を演じていました。実生活でも親友同士だというこの2人、サンウからもお祝いの意味を込めてこの役割分担だったのかも?
スタントなしで挑んだ(らしい)アクションシーンは皆同じような黒い服を着ているので敵味方の区別が付かず・・・しかも鉄パイプやらナイフで殴る蹴る。うーん、分かりにくい。冒頭のアクションシーンでGLAYの曲が流れるという「?」な展開やトンデモない結末には軽く失笑。映画館を出た後にあーでもない、こーでもないと話の弾んだ映画でした。なんやかんや言いつつ楽しめたってことです。

せめて、泣かせてやれ・・・

容疑者Xの献身

映画館 『容疑者Xの献身』 ★★★☆☆

東野圭吾の『ガリレオ』シリーズ初の長編にして直木賞受賞の傑作感動ミステリー『容疑者Xの献身』を、大ヒットTVシリーズ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。

TVドラマはツッコミも入れながら楽しく観ていました。クロニックの湯川モデルがバカ売れするという社会現象を巻き起こすほど福山雅治はイイ男過ぎて私のイメージする湯川先生像とはちょっと違っていたし、決めポーズや時折発する妙ちきりんな台詞(?)は正直「やめておくれー!イメージダウンー!」と思いましたが “変わり者の天才物理学者” を分かりやすく表現する手段だと割り切ることにしました。
そんなガリレオシリーズの映画化、今回の真の主人公は堤真一(つつみん)演じる石神です。岡田クンの上司(←SP)と同一人物とは思えない“野暮ったい男” に徹していて演技こそ控えめだったけれど湯川先生と並んでも見劣りするどころか逆に湯川先生の方がかすんでしまうぐらいの存在感。つつみんの凄さを思い知りました。
あと、内容とは全然関係ナイけど、長塚圭史がふとした瞬間にびっくりするぐらい長塚京三に似てて「やっぱ親子なんだなぁ・・・」としみじみ思いました。

ばちゃーん!けろーん!

パコと魔法の絵本

映画館 『パコと魔法の絵本』 ★★★★☆

舞台『MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人』を原作に、一日しか記憶がもたない少女と偏屈ワガママジジイとの奇妙な交流をハートウォーミングかつファンタジックに描く。

今年の4月に大阪 梅田のシアタードラマシティで上演された原作の舞台を観に行った時に映画化されることを知りました。『下妻物語』 『嫌われ松子の一生』 の中島哲也監督がどんな風に映像化するのか興味津々、公開を楽しみに待っていました。舞台もかーなり良かったけれど、映画も負けず劣らず素敵な絵本に仕上がっていました。悲しいお話でもあるのだけれど悲惨さは全然なくて感動必至。じーん。
CGやら原色満載の色使いやらインパクトの強い映像の中で出演している俳優さんたちも濃厚なキャラクターばかり。これぐらい強烈にポップな方がバランス取れていいのかも。そして、やっぱりサダヲさんが抜群。(加瀬亮も、アンナちゃんも、上川隆也も、そして・・・彦摩呂も)
こういう作風に慣れてしまうと、この監督の作品にこれ以上のはじけっぷりを求めてしまいそうになるので気をつけなければ。どんどんエスカレートすると “無理してる感” を感じてしまいそうで・・・
この映画を観て以来、カフェオレをみると「あー おかまだね」と思ってクスッと笑ってしまいます。キーワードは國村隼。

思わずTV画面に見入ってしまう

サントリーオールドCM

「父の上京」篇、「父の誕生日」篇でお馴染みの(?)サントリーオールドCM、「娘の相手」篇で加瀬亮が登場ですッ!サントリーオールド娘のお相手にッ!当たり前か・・・お父さんのお相手であるハズがありません。
このシリーズ、大好きです。ちょっと切なくてじんときます。加瀬亮、いいなぁ。父娘で確立されたこのCMの空間にすんなり溶け込めています。
重要なアイテムとしてウィスキーが欠かせない存在。商品を前面に押し出さず控えめな演出がますます哀愁を誘います。

悪魔に知られないうちに

その土曜日、7時58分

映画館 『その土曜日、7時58分』 ★★★☆☆

「十二人の怒れる男」「狼たちの午後」の名匠シドニー・ルメット監督が、一つの強盗計画を軸に浮かび上がるある家族の深い心の闇を実力派俳優陣の豪華なアンサンブルで描き出すサスペンス・ドラマ。

アンディ(フィリップ・シーモア・ホフマン)とハンク(イーサン・ホーク)兄弟は両親が経営する宝石店を狙った強盗計画を企てます。土壇場で怖気づいたハンクが実行犯を金で雇ったために誰も傷付けることのない完璧だったはずの計画が次々と綻びはじめます。
犯罪だけでなく家族の絆も脆く崩れていきます。兄弟がじりじりと追い詰められて破滅していく様子が観ているこちら側にも伝わってきて息苦しいぐらい。社会的には成功者といえる兄が負け犬の弟や自分を愛してくれなかった父親に対して抱いている嫉妬や優越感、そして劣等感。複雑な感情が絡まりあって狂気ともいえる行動に駆り立てられていく兄アンディを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンをはじめ、ダメダメ男のイーサン・ホークや父親役のアルバート・フィニーなど誰もがみんな自分の果たすべき役割をきっちりとこなしている感じ。
原題は 『BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD』 死んだことが悪魔に知れてしまうと天国には行けない、なので知られないうちに早く天国に行きたいと願う人たちの物語です。邦題よりずっとずっと意味深でカッコいい・・・そしてかなり怖い。

和と洋のコラボレーション

栗さつま

先月、羽田空港で買った鎌倉五郎本店の “和菓子屋のモンブラン 栗さつま” が美味しかったので記録。
栗とさつま芋のモンブランなんて秋の味覚ド真ん中、案の定、秋だけの期間限定販売です。(なのでもう今は販売終了してるかも・・・)下からさつま芋のきんとん、栗&芋ペースト、刻んだ栗入りのホイップクリーム、またまたペースト、そしててっぺんには栗の寒露煮をトッピング。色んな食感が味わえました。賞味期限が販売日を含めて2日と短かったけど翌日には完食してしまったので心配御無用でした。ごちそうさまでした♪
この和菓子屋のモンブランシリーズ、季節毎に色んな和風モンブランが出ているそうです。色々食べてみたいけど季節毎に羽田空港に行く機会が果たしてあるのだろうか?ま、お店は羽田空港だけではナイんだけども。

Ver.陸

TDL_シンデレラ城夢の国レポのつづき。
2日目はいよいよ夢と魔法の王国、東京ディズニーランドです。なのに、どっぷり朝から雨。しかも結構本格的に降っていました。かすかな期待を胸にTVで確認してもまるっと1日雨の予報。これはもう諦めるしかありません。
見よ!この澱んだ空の色、そして指の先に鳥がとまるというミラクルな姿で立ち尽くしているディズニーさんの像を!
ショーやパレードは諦めてアトラクションを狙い撃ちする方向でいざ出陣。プーさんのハニーハントやホーンテッドマンションのような屋内型のアトラクションからビッグサンダー・マウンテンやスプラッシュ・マウンテンなどの屋外型アトラクションまで果敢に攻めてみました。雨だって構やしない!
TDL_ハロウィン プルートそういえば、前日訪れたディズニーシーではハロウィン色は皆無でしたが、うってかわってこちらは「ハロウィン万歳!」でした。合言葉は「ハッピ!ーハロウィーン!」(ウソ)
なにやら仮装した人々がシンデレラ城前の広場に集まっています。不思議の国のアリスやらティンカーベルがわんさかいます。お互い写真の撮り合いっこしてます。な、な、なんだか足を踏み入れてはいけない場所に来てしまったような・・・ここまで真剣にハロウィンと向き合っている人々を初めてみた気がします。ハロウィンの真髄はディズニーランドにあり。

おそろ♪おそろ♪

クリスマス気分

じゃじゃーん!くみさんにまたまた素敵なプレゼントを頂いてしまいましたー。ありがとうございます!
“アンナちゃんご一行様” 可愛いー。真っ赤なお洋服がとってもよく似合っています。ピーンと伸びた姿勢が凛々しい。(←旗を持つ左手とミトンをアピールするかのような右手が特に)さっそく記念撮影。どこに飾ろうかな・・・
ひと足お先にクリスマス気分です。

Ver.海

TDS10月の夢の国旅行レポ。
2泊3日の夢の国旅行、初日は日本に居ながらにして異国情緒が味わえるともっぱら評判の(?)東京ディズニーシーに行きました。7つのテーマポートはそれぞれまったく異なる雰囲気で歩きながらその風景を眺めているだけでも充分楽しめます。ランドに比べると比較的混雑が少ないのも魅力です。個人的にはどちらかといえばシーの方が好き。
到着した時はかろうじて晴天だったのに午後からは雨が降り出してしまいました。今回の旅行は初日以降、雨とともに過ぎていくのでした・・・ぐすん。
TDS_25今年は東京ディズニーリゾート25周年だそうであちらこちらに “25” の文字が躍っています!園内マップでアトラクションの場所やショーのスケジュールを確認しながらいかにして効率良く満喫出来るか打ち合わせ、行き当たりばったりだと時間を無駄に浪費してしまうことになります。せっかく来たんだから思う存分楽しんでやるゼ!という貪欲さで突き進むのだ!『時は金なり!ご利用は計画的に!』
TDS_タワー・オブ・テラーシーで注目のアトラクションといえば2年前にオープンした “タワー・オブ・テラー” 簡単にいえば「バタンッと開いたらポトンッと落ちる」垂直落下型のアトラクション、知人友人で乗ったことのある人は口を揃えて「面白いけど怖い」と言うのです。パーク内では離れた場所に居ても悲鳴が聞こえてきます。悲鳴が怖いよ・・・でも、興味津々何を隠そう絶叫マシーンが大好物。過去に1度 TOT(←勝手に略してみました。顔文字みたい)経験のある旅の友ハマチちゃん(V6師匠)は非常に怖い思いをしたそうで再チャレンジはあっさり拒否、残念ですがおひとり様でTOTに初挑戦しました。感想は・・・うん!面白い!初心者なので写真撮影のタイミングがまったく分からず、後ろを振り返っているところがしっかり写真に写ってました。どうやら後ろの席でものすごく悲鳴を上げていた人が気になって仕方がなかった模様です。ははは。

らいねんの猫村さん

2009年「きょうの猫村さん」卓上カレンダー

来年のカレンダーを買いました。「きょうの猫村さん」卓上カレンダーです。2008年用は壁掛けタイプしか販売していなくて卓上タイプが欲しかった私はあえなく断念。2009年は卓上が出るらしいとの噂を聞きつけ早々に予約・・・届いてみたら、想像していたよりデカかった。サイズしっかり確認しておけばよかった。でも、ま、いいか。可愛いから。
凧揚げする猫村さん、お花見する猫村さん、キノコ狩りする猫村さん・・・来年1年間は猫村さんと一緒です。うーん、ゆるい・・・2009年の合言葉は「むしゃくしゃしたら爪をとげ」に決まり!

天才軍師クン

レッドクリフ part1_金城武

金城武がっ!大好きな金城武がスクリーンにぃー!(←感涙) 『赤壁の戦い』 は完全にマスターしてるから字幕を追わなくてもストーリー分かるもーん、ドアップの金城武がスクリーンに現れるたびにガン見です。言われなくてもガン見です。(←幾分、前のめり気味) 嗚呼、「死せる孔明に、生ける私が全力疾走」させられている・・・
大好きな金城武が演じるのは三国志随一の天才軍師 諸葛亮孔明。私のバイブルとも言うべき 『横光三国志』 で椅子付の台車のようなおそらく専用にカスタマイズされたのであろう “手押し車” に乗りガラガラと音を立てながら戦場に現れ、危うくなるやいなや「逃げよ」とひと声号令を掛けてまたガラガラと音を立てながら手押し車に乗って走り去る諸葛亮に 「もしかして・・・金城武も手押し車に乗ってたらどうしよう?」と一抹の不安を覚えましたが、さにあらず・・・ものすごく凛々しく馬で駆けていました。しかも、お約束の白羽扇は片時も手放さない。素敵過ぎる。(←感涙ふたたび) 天才なうえにこんなに男前とは・・・天は二物を大盤振る舞い。
赤壁といえば言わずとしれた「孔明の、孔明による、孔明の為の戦い」なのになぜ周瑜が主役っぽくなってるの!という完璧に金城武寄りな意見はグッと飲み込む。(いや、書いた時点で飲み込めていない)
次回2009年4月公開予定の後編では、いよいよ我らが金城孔明、東南の風を呼ぶ(はず)!乞うご期待!

3594

レッドクリフ part1

映画館 『レッドクリフ PartⅠ』 ★★★★☆

「M:I-2」「フェイス/オフ」のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。

うぉおおー!(←歓喜の雄叫び)待ちに待った映画の公開がやってきましたー!大好きな三国志がスクリーンにぃー!
赤壁、赤壁とあおりつつ、物語は長坂坡から始まります。そう、長坂では私の大好きな武将 趙雲(趙サマと呼んでます♪)が大活躍なのです。趙サマが阿斗を懐に抱き突き進む場面は三国志ファンなら誰しもが憧れる名場面のひとつ。そして、もうひとつの名場面、張飛が大活躍する長坂橋のシーンが・・・あれ?ない・・・単騎仁王立ちで立ちふさがり迫り来る曹操軍を相手に戦った張飛の一世一代の見せ場なのに・・・張飛が立ってるのは・・・橋じゃないッ。
とにかく、こんな調子で(どんな調子で?)曹操軍VS 孫権・劉備連合軍 の戦いである 『赤壁の戦い』 が迫力満点に描かれています。
このレッドクリフではトニー・レオン演じる周瑜が中心になってストーリーが進むので仕方ないことなのですが、敵対する曹操が最初から当然のように “悪役” として描かれているのが私にとっては残念でした。
曹操、孫権、劉備3人の武将はいずれも後漢の乱世を統一することによって平和を築こうとした時代のヒーローなのです!善悪では語れない、三国志は男のロマンだぁー!!
PROFILE

piccorina

Author:piccorina




SEO対策

観る、読む、食べる・・・
忘れないように書き留めた
メモブログです

CM・TBは小躍りして喜びます♪

CLOCK

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

CATEGORIES
COMMENT
TRACK BACK
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。