FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カールじいさんの空飛ぶ家

ピクサー初の3Dアニメ
私は2Dを鑑賞←なぜならWOWOWの録画だから
この作品は 『ハウルの動く城』 に
インスパイアされたとか、されないとか
こういうのを観るとクリエイターと呼ばれる人たちの
発想力の豊かさを思い知ります
私はハウル観てこんなの到底思い浮かばないわー
近々ディズニーランドのアトラクションになるんちゃう?

冒頭、台詞を一切使わずに最愛の妻との出会いから
別れまでが描かれていてじんわり心に沁みてきます
このエピソードがあるからこそ空飛ぶ家に乗って(?)
冒険に出ることの意味が伝わってきます
タイトルは “カールじいさん” なんだけど作中では
一貫して “フレドリクセンさん” って呼ばれてました
なんで?
[録り貯め]

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家 ★★★
偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく2人の思い出が詰まった我が家に大量の風船をつけ偶然乗り合わせた少年をお供に大冒険に繰り出す姿をアクションとユーモアを織り交ぜエモーショナルに綴る。
スポンサーサイト

鋼鉄番長@シアターBRAVA!

シアターBRAVA!へ 『鋼鉄番長』 を観に行ってきました
劇団☆新感線結成30周年記念興行の第2弾です
(【春】興行の 『薔薇とサムライ』 が第1弾)
池田成志さんと橋本じゅんさんが相次いで降板
じゅんさんが演じる兜剛鉄、楽しみにしてたのに・・・
ところが 再起動した鋼鉄番長2号は
三宅弘城さんだというではありませんか
こりゃ 観なきゃです 
久々の “ネタもの” すっごく面白かった!!!
思いっきり声を出して笑って元気になりました
これからも “小六魂” を忘れずに生きていこう

ロビーでいのうえさんをお見かけしました
パンフレットにサインをもらっている人がいました
これからは “サインペン“ を忘れずに持ち歩こう

鋼鉄番長


レミオロメン10th Anniversary Tour2010花鳥風月@神戸国際会館

亮太クーーン♪
大阪、奈良、和歌山と参戦したこのツアーも
この神戸が最終日(←私にとって)
待ちに待った神戸公演です うひ
席は前から4列目 気合い100%いや1000%
紀泉アルプス縦走で故障した
左膝が痛くて立ったり座ったり
ジャンプも出来ずにほぼ仁王立ち
今度、亮太クンに会える時には
体調万全で臨もうと固く心に誓いました

生まれて初めてのオサタッチ
生まれて初めて神宮司君のことを
「オサッ!(必死)」って呼んでしまいました

レミオロメン_2010神戸

太田直子 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』

スクリーン上に1度に出せる台詞は1人分なので
複数の人が同時に喋っているシーンなどでは
他の人の台詞は無視して最も重要な台詞のみを
翻訳するのだそうです
当たり前といえばそれまでですがその選択1つで
ストーリーが大きくブレてしまう危険もあるわけで・・・
限られた文字数で表現することの難しさ
字幕というのは奥の深い世界であることが
よく分かりました

洋画を観る時はもっぱら字幕派です
最近は「読むのが面倒くさい」というぶっ飛んだ理由で
吹替の人気が高まりつつあるのだそうです びっくり

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ

太田直子 『字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ』
爆笑御礼申し上げます。尻をたたかれ続けて20年 「映画界の影武者」(女)、初告白。手がけた作品数は1000本余りの著者が外国映画翻訳の舞台裏、気になる日本語などについて綴る。

SP 野望篇

岡田クンの勇姿を観てきました カッコよかったー♪
四係のメンバーが井上(←岡田クン)の特殊な能力を
ごく自然に受け入れているところに時の流れを感じます
むしろ能力をアテにしてるようにもみえました
若干、頼り過ぎのような
それでもよし 岡田クンってば本当に頼りになる男なの

なぜ海猿は3Dなのに、SPは3Dじゃないんだろう・・・
飛び出す岡田クンなんて想像するだけでニヤけます
私も思わずスクリーンに向って飛び出してしまいそう
そして、なぜ2部作なんだろう・・・
1本にまとめられなかったんだろうか
[映画館にて]

SP 野望篇

SP 野望篇 ★★☆
要人警護に当たるSPたちの活躍をV6の岡田准一主演で描き評判を呼んだTVシリーズ「SP 警視庁警備部警護課第四係」の劇場版。

紀泉アルプス縦走

紀泉アルプスを縦走しました
紀泉アルプスは大阪府と和歌山県の県境にある
ハイキングコースで最高峰の雲山峰は490.0m
険しい道が少なくて比較的歩きやすいのですが
距離はな、な、なんと25kmもあるのです ながッ
大阪湾、関空、淡路島が見渡せる眺望の良さを
楽しみにしていましたが、それは晴れた日の話
当日は残念ながらあいにくの曇り空だったので
景色を存分に楽しむことは出来ませんでした

25kmの長距離で左膝を故障してしまいました
痛くてロボットみたいにぎこちなく歩いてます
ただいま左膝休養中


紀泉アルプス

海でのはなし。

『とげまる』 発売記念(?)に鑑賞
もう何度目?ってぐらい観てるけど
何度観ても飽きることはありません
なぜなら主演があおいちゃんとニシジマンで
音楽がスピッツだからー!
ワタシ的には文句なしの★3つ!

曲が流れるタイミングが唐突だったり
ストーリーに集中出来ない音量だったり
スピッツファンじゃない人には受け入れ辛そう
楽曲の持つ世界観がしっかりと確立されていて
BGMで使うには個性的過ぎるんだな きっと
[DVD]

海でのはなし。

海でのはなし。 ★★★
CMプランナー、コピーライター出身のクリエイター、大宮エリーがスピッツの音楽をモチーフに不器用で心優しい男と女の淡く切ない恋を描く監督デビュー作。

角田光代 『ひそやかな花園』

一見、軽やかで淡い花園の風景は
悲しげにも見えてくるから不思議
家族の存在とか人との繋がりとか
自分が生きていることの意味とか
考えて答えが出るものなのかな?
分からないからこそ人はその答えを求めて
“生きて” いくのかもしれません

同じ場所にとどまり続ける限り今以上に
悪いことは起こらないかもしれないけれど
良いことも決して起こらないのだと思うと
一歩踏み出すことの大切さやその勇気が
とても素晴らしいことのように思えてきます

ひそやかな花園

角田光代 『ひそやかな花園』
大人たちの “秘密” を知った私たちは自分という森を彷徨い始める。親と子、夫婦、家族でいることの意味を根源から問いかける長編小説。

大玉ミルキー

天高く馬肥ゆる秋
ミルキーを買って大玉を引き当てた時の喜びを思うと
発売当初は大玉だけを商品化するなんてまるで
運をお金で買うみたいじゃないか!冗談じゃない!
テンション下がるわー!って思っていました
ゴメンなさい
最近は見かけると必ず買ってしまいます
大玉ミルキーは1.5倍でもなく、2倍でもない
1.7倍の根拠が知りたいのです


大玉ミルキー

キッチン -3人のレシピ-

ぼんやりぱらぱら WOWOW の番組表を眺めていたら
チュ・ジフンの名前を見つけたのでとりあえず録画
そういえば2年前の今頃はジフンのこと好きだったなー
(正しくは “好きになりかけて” いたなー)

よく分からないまま三角関係が始まって終わった
ただそれだけだったけれど映像はお洒落だったし
登場するインテリアや雑貨もすごく可愛くて
観ていて退屈することはありませんでした
そして、やっぱりチュ・ジフンはカッコよかった
[録り貯め]

キッチン -3人のレシピ-

キッチン -3人のレシピ- ★☆☆
フレンチ・レストランをオープンさせることになった一組の夫婦と彼らに雇われた天才シェフの青年が奇妙な共同生活の中で繰り広げる危うい三角関係の行方をおしゃれなタッチで綴る韓流ラブ・ストーリー。

紅葉狩り

行楽の秋
高野山へ紅葉狩りドライブに出掛けました
平安時代に弘法大師(空海)が開いた高野山真言宗の総本山で
『紀伊山地の霊場と参詣道』 として世界遺産に登録されています
ちなみに先月登った八経ヶ岳がある大峯山系も
この 『紀伊山地の霊場と参詣道』 の一部です
1000m級の山々に囲まれたパワースポットでは
気温6℃、ダウンにマフラーぐるぐる巻きで冬の装い
高野山の奥の院には有名な戦国武将のお墓がたくさんあって
「織田信長はこっち!こっちー!」 ミーハー気分で散策しました
紅葉の見頃はピークを迎えていたようです
赤や黄色がとても色鮮やかでキレイでした♪


紅葉狩り_高野山

川上弘美 『蛇を踏む』

蛇を踏んだらその蛇が自分の部屋に居ついてしまった
変と変じゃないの境界線がだんだんボヤけて
いつの間にか交じり合ってしまうような感じ
現実離れしている状況をすんなり受け入れてしまえる
川上さんの小説には不思議な魅力があります
女の人に姿を変えて毎晩美味しいゴハンを
作ってくれるなら蛇でも歓迎します 

2005年から図書館を利用するようになって約5年
この本で400冊目(←中途半端?)に到達しました!

蛇を踏む

川上弘美 『蛇を踏む』
女は藪で蛇を踏んだ。踏まれた蛇は人間になって女の部屋で食事を作って待っていた・・・96年上半期芥川賞受賞作「蛇を踏む」の他「消える」「惜夜記(あたらよき)」の2編を収録。

大文字山

“五山送り火” で有名な京都の大文字山
本名は「如意ヶ岳」という標高466mの山です
銀閣寺の脇にある登山口から1時間程度
登山というよりハイキング気分で楽しく登れました
景観を損ねないよう条例で規制されている為
京都の街には高い建物がほとんどありません
なので、山頂から見渡した京都市街は
のっぺりして凹凸に欠けていました
それこそが味わい深い古都の魅力

写真は “大” の字のてっぺん部分の火床
ここに薪を組んで火を点けるのです


大文字山

湊かなえ 『往復書簡』

“手紙” のやりとりで物語が進行していきます
いつもの1人称独白スタイルで事件や事故の真相が
少しずつ明らかになっていくのはお約束ですが
今までの作品と違って物語の終りは
わずかに希望がみえるような展開でした
悪意100%、救いのナイ世界ではなく
温かみを感じました

携帯電話やメールを使うことにすっかり慣れてしまって
手紙を書くことがめっきり少なくなった今日このごろ
誰かに手紙を書いてみたくなりました
(告白するような事件の真相なんてないけど)

往復書簡

湊かなえ 『往復書簡』
手紙だからつける噓。手紙だから許せる罪。手紙だからできる告白。「あのこと」の真相が封筒から零れ出す・・・書簡のみで綴った連作ミステリ。
PROFILE

piccorina

Author:piccorina




SEO対策

観る、読む、食べる・・・
忘れないように書き留めた
メモブログです

CM・TBは小躍りして喜びます♪

CLOCK

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

CATEGORIES
COMMENT
TRACK BACK
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。