FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディア・ドクター

ディア・ドクター

『ディア・ドクター』 ★★★

「ゆれる」の西川美和監督が人気落語家の笑福亭鶴瓶を主演に迎え、過疎の進む小さな村で住民から信頼され慕われていた一人の医師を巡って巻き起こる騒動を描いた異色のヒューマン・ストーリー。

村中の人々から全幅の信頼を寄せられていた村でたった1人の医師 伊野(笑福亭鶴瓶)が突如失踪してしまったことから浮かび上がってきた真実・・・というか嘘。嘘の中にある真実、真実に包み隠された嘘、2つが複雑に交錯します。物事は角度によって様々に見えるものなのです。
伊野の正体が少しずつ明らかになるにつれて村人の反応もどんどん複雑になってきます。伊野を真っ向から擁護もせず糾弾もせず。中でも若い研修医 相馬(瑛太)の反応が印象に残りました。伊野の仕事ぶりや僻地医療の現実を知るにつれて、医療に対する情熱、医師としての自覚が芽生え始めていた矢先に裏切られたという思い。曖昧な証言の中には人間の持つ “狡さ” が色濃く表れていました。
伊野を医師に仕立てあげたのは誰だったのか・・・それはもちろん伊野本人でもあり、村人たちでもあり・・・監督の西川美和さんは主人公のキャラクターが前作 『ゆれる』 で周りから高い評価を受けた自分自身を投影させたものだと語っていました。村で伊野が感じ続けていたであろう居心地の悪さ(ジレンマみたいなもの?)を西川監督も感じていたのだと思うとなんだか心がザワつきます。

Trackback

Trackback URL
http://piccorina.blog62.fc2.com/tb.php/613-70e9a287

Comment

Comment Form
公開設定

PROFILE

piccorina

Author:piccorina




SEO対策

観る、読む、食べる・・・
忘れないように書き留めた
メモブログです

CM・TBは小躍りして喜びます♪

CLOCK

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

CATEGORIES
COMMENT
TRACK BACK
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。